PROUD DESIGN

リビングの広さを決めるポイントとは

2021.12.05



家を建てる時にリビングの広さで悩む方は少なくありません。
家族構成などの人数によっても様々ですが、家族が集まるリビングにはこだわりたいものです。
そこで今回は、リビングの広さについて紹介していきますので、是非参考にしてください。

▼リビングの広さはどのくらい?
■夫婦二人
お二人で住む場合、広すぎても寂しいと感じるため10畳ほどが理想とされています。
欲しいものがすぐ手に届く距離にあるのが良いと思う人もいるので、10畳ほどで良いでしょう。

■夫婦と子ども二人
多くても20畳ほどが理想とされています。
リビングが広いと、子ども達もリビングにいる時間が増えるため20畳ほどが良いとされているようです。
また子どもが小さいうちは、遊ぶスペースがあると良いので広いのが良いでしょう。

▼リビングの広さを決めるポイント
■人数
リビングの広さを考える際に、この先のことも考え住む人数を想定しなければなりません。
子どもがいる家庭は、友達を呼ぶ時のことを考えると狭いのは窮屈となってしまいます。

■家具
どういった家具を置くかによって、余るスペースがどのくらいなのか把握しましょう。
ダイニングテーブルやソファーなどを置くと一気にスペースがとられるため、広いと感じても家具を置くと狭く感じてしまいます。
一番は実際にモデルルームを拝見して、間隔を持つとイメージを持ちやすいです。

▼まとめ
今回はリビングの広さについて紹介していきました。
家に実際に住む人数・家具の種類や大きさなどを考慮し、決めましょう。
家を建てる際は、将来のライフプランも考えて設計することが大切です。
そこで当社では、現場の経験が豊富な設計士がいる一級建築士事務所を営んでおります。
気になることがあれば、是非一度お問い合わせください。

Contact us

0748-36-1836

Mail form