PROUD DESIGN

新築の引き渡しでトラブルにならないための注意点とは

2022.01.22



新築に興味をお持ちの方は、引き渡しでトラブルを防ぐ方法が気になっているのではないでしょうか。
引き渡しを受ける時は浮かれがちになるので、トラブルになることが多々あります。
この記事では、トラブルを起こさないためのポイントを紹介していきます。

▼新築の引き渡しでトラブルにならないための注意点とは
■傷などのチェックは入念に行う
トラブルを起こさないために引き渡し日当日にすべきことは、物件の入念なチェックです。
例えば、フローリングや壁などに傷がついていた場合、後で言ってもいつ付いた傷なのかわかりません。
そのため、対応してもらえない可能性があるので、隅々まで細かくチェックすることが大切です。

また、設備の使い方なども事前にしっかりと説明を聞いておいた方がいいでしょう。
新築は最新設備が入っていることも多く、急に使おうとしても使い方がわからない場合があります。
確認できる部分は、しっかりと当日にチェックしておきましょう。

■銀行の決済や登記に必要な書類をそろえておく
引き渡し日は、銀行の決済や登記などのイベントも控えています。
そのため、意外と必要なものがたくさんあります。

例えば、住民票や実印・印鑑証明書などです。
また、場合によっては登記の費用を当日現金で必要になることもあります。
これらは事前にまとめておいて、忘れ物がないように準備しておくようにしましょう。

▼まとめ
新築の引き渡しは、何かとトラブルも起きやすくなってしまいます。
そのため、しっかりと確認すべきポイントを整理しておきましょう。
弊社では、引き渡しでトラブルが起きないように、お客様を最大限サポートさせていただきます。
安心できる業者をお探しの方は、ぜひ弊社にご依頼ください。

Contact us

0748-36-1836

Mail form