PROUD DESIGN

新築の注文住宅を購入した後の確定申告の流れについて

2022.02.08



新築の注文住宅を購入する際、住宅ローン控除を受けようと考えている方も多いでしょう。
住宅ローン控除を受けるためには、確定申告が必要になります。
今回は、新築の注文住宅を購入した後の確定申告の流れについて解説します。

▼住宅ローン控除とは
住宅ローン控除は、新築の注文住宅を購入した際に一定の条件でローンを組んだ際、年末のローン残高に応じて税金が還ってくる制度のことです。
控除を受けるためには、所得が3,000万円以下などの一定の条件を満たす必要があります。

▼新築購入後の確定申告の流れ
■書類の準備
以下の書類を用意してください。

・確定申告書
・住宅借入金等特別控除額の計算明細書
・源泉徴収票
・本人確認書類
・住宅ローンの残高を証明する証明書
・土地や家屋の登記事項証明書
・不動産売買契約書
・工事請負契約書

■確定申告書に必要事項を記入
必要な書類を用意したら、確定申告書に必要事項を記入します。
書類整理について分からないことがあれば、専門業者に相談しましょう。

■税務署に書類を提出
確定申告書に必要事項を記入し終えたら、他の書類と一緒に税務署に提出すれば完了です。
ちなみに、2年目以降は年末調整で手続きを済ませることができますよ。

▼まとめ
新築の注文住宅を購入した後、確定申告の手続きを行い、住宅ローン控除を受けるようにしましょう。
確定申告を行う際は早めに書類の準備・記入を済ませ、税務署に提出することが大切です。
ギリギリになると、確定申告が間に合わなくなるかもしれません。
株式会社プラウドデザインは、新築工事やリフォーム工事の依頼を受け付けています。
何か気になることがありましたら、一度お問い合わせください。

Contact us

0748-36-1836

Mail form