PROUD DESIGN

新築内祝いのマナーについて解説

2022.03.15



新築を購入すると、さまざまなお祝いを頂くことになります。
引越し祝いを頂いたら、お返しとして新築内祝いを贈る必要が出てきます。
今回は、新築内祝いのマナーについて解説するので、気になる方は一度参考にしてください。

▼新築内祝いのマナーについて
新築内祝いでトラブルを避けるためには、マナーを知っておく必要があります。
早速ですが、新築内祝いのマナーについて解説します。

■新築内祝いを贈るタイミング
新築内祝いは、引越ししてから1ヵ月以内に贈りましょう。
引越し直後は、やらないといけないことが数多く存在するため、新築内祝いを贈るタイミングを逃す恐れがありますね。

■相場
新築内祝いの相場を気にしている方も多いのではないでしょうか。
新築祝いを送って頂いた方へ感謝の気持ちを伝えることが大切です。
頂いた品物の3分の1から半額が、新築内祝いの相場と言われていますね。
品物によっては、金額が分からない場合があります。
その際、相場にこだわらずに新築内祝いを贈るようにしましょう。

■新築内祝いの種類について
新築内祝いを贈る際、相手に喜んで頂ける物を贈ることが大切ですね。
石鹸やタオルなどの日用品やお菓子など多岐に渡ります。
相手が何を受け取ったら喜ぶかを考え、贈る物を決めましょう。

■のしについて
新築内祝いを贈る際、のしが欠かせません。
のしの書き方ひとつで相手に不快感を与える場合がありますね。
水引の上に新築内祝または内祝と書いたら、水引の下に世帯主の姓を記載します。
二世帯住宅などで苗字を複数記載しないといけない場合、連名にするのがポイントです。
水引は、紅白または金銀の蝶結びを選択しましょう。

▼まとめ
新築を購入する際、引っ越ししてから1ヶ月以内に新築内祝いを贈りましょう。
新築祝いを貰った額の3分の1~半額をお返しするといいですよ。
株式会社プラウドデザインは、新築の建築やリフォームなどに携わっています。
新築内祝いのマナーなど、何か分からないことがありましたら、一度ご相談ください。

Contact us

0748-36-1836

Mail form