PROUD DESIGN

注文住宅と建売住宅の違いについて

2022.08.15



新築に住みたいけど、注文住宅か建売住宅のどちらにするか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
大きな出費をするため、悩んでしまうのも無理はありません。
今回は、注文住宅と建売住宅の違いについて解説します。

▼注文住宅と建売住宅の違い
注文住宅と建売住宅には、いくつもの違いがあります。
新築を購入する上で注文住宅と建売住宅の違いを知っておくことが大切ですね。
早速ですが、注文住宅と建売住宅の違いをいくつか取り上げるので、気になる方は一度チェックしてください。

■間取りを決められるかどうか
注文住宅は間取りを決められるのに対し、建売住宅は間取りを決めることができません。
建売住宅の場合、理想の間取りを見つけるのに時間がかかってしまう可能性があります。
間取りを自分達で決めたいと感じている方は、注文住宅を検討してはいかがでしょうか。

■費用
注文住宅と建売住宅のどちらを選ぶかで費用が変わってきます。
注文住宅の場合、間取りや設備をこだわっていくと、建売住宅よりも費用が高くなりますね。
もちろん、妥協すれば、費用を抑えることができますよ。
新築を購入する際、どのくらいの予算を用意できるかが重要です。

■リフォームに対応しやすいかどうか
リフォームに対応しやすいかどうかも新築を購入する上でポイントになってきます。
注文住宅はリフォームに備えられるのに対し、建売住宅はリフォームしやすい間取りを見つける必要があります。
新築を購入する際、リフォームも視野に入れましょう。

■完成までの工程を把握できるかどうか
注文住宅は完成までの工程を把握することができるのに対し、建売住宅は完成までの工程を把握できません。
ただし、建売住宅は実物をチェックして購入するかどうか判断できます。

▼まとめ
注文住宅と建売住宅には、間取りや費用など、いくつもの違いがあります。
理想の一軒家に住みたいと感じている方は、間取りを決められる注文住宅がおすすめですよ。
「株式会社プラウドデザイン」は、滋賀県で注文住宅の建築やリフォームに携わっています。
気になることがありましたら、一度ご相談ください。

Contact us

0748-36-1836

Mail form